HOME>記事一覧>治療の概要と現時点での問題点をおおまかに把握

高齢出産の例も

卵子

不妊治療の方法には人工授精や体外受精などがありますが、これらが使えないときは卵子提供という選択肢もあります。卵巣や卵管に障害があったり、染色体に異常があったりして自分自身の卵子を使えないときには、有力な方法になります。また海外では閉経後の女性が、卵子提供を受けて高齢で出産した例もあります。子宮さえ健康であれば、いくつになっても自分の子供を出産できる可能性があり、アメリカではすでに数多くの女性が治療を受けています。

治療を受ける前に

卵子

日本でも一部の病院で卵子提供が行われていますが、数が少ないので海外で治療を受けるケースが多いようです。法律では現時点で特に規制されていないため、日本で治療を受けても違法ではありません。一般には無関係な第三者から卵子を提供してもらうことになりますが、ドナーが見つからない場合には、友人や姉妹などから提供を受けるケースもあります。法律的には卵子の提供者に関係なく、出産した人が親になります。しかし知人に提供してもらう場合、感情的な行き違いが起きる可能性もあるので、あらかじめ十分に話し合っておくことが大切です。また将来子供に話すかどうかも決めておく必要があります。

広告募集中