HOME>アーカイブ>なかなか妊娠しない時にはクリニックで検査することが重要

妊娠の可能性を高くする為

妊娠検査薬

一般的な夫婦生活を行っていても1年以上妊娠しない場合不妊症に当てはまる可能性があります。現在日本では六組に一組は不妊症と言われているくらい悩んでいる夫婦は意外と多いのです。肉体的に何かしらの原因がある場合も考えられますが、検査しても原因不明なことも珍しくありません。まずは原因を知るべく不妊治療を行っているクリニックで検査をしてみることをおすすめします。大阪には不妊治療に力を入れているクリニックもたくさんありますので、自分自身の状況を知るためにも検査をしましょう。夫婦共に検査をして現状を知るべきです。それからどのような治療を行うかが医師によって提示されます。年齢が上がるにつれて妊娠力が低下していきます。近年は晩婚化が進んでいることもあり、30代、40代で結婚することも増えてきました。そうなると自ずと妊娠の確率が10代や20代に比べると下がりますので、早めに治療に取り組むことがカギとなるのです。

夫婦で力を合わせて行う

妊娠検査薬

妊娠、出産を行うのは女性ですが、不妊は女性だけの問題ではなく夫婦の問題です。不妊治療を行う場合、肉体的な負担がかかるのは女性側ですが、夫婦二人三脚で治療に取り組むことが大切でしょう。検査をしても特に異常が見られない場合、タイミング法から始めるのが一般的です。排卵日を特定してタイミングを取ることで受精の確率をアップさせます。タイミングが合えば受精出来る確率は大体80%前後ですが、そこから着床する確率は20%程度にまで落ちてしまいます。年齢が上がると更にその確率は下がるので妊娠しにくくなると言って良いでしょう。大阪には高度な不妊治療を行っているクリニックもたくさんあります。最終的に体外受精、顕微授精にステップアップすることによって妊娠の確率を上げることができるのです。

広告募集中